Begierde Welt

BL・同人ネタ注意※ブログ内の写真・文章の無断転載などご遠慮ください。※

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活

2007-04-24-Tue-22:01
お久しぶりです。
なんとかかんとか生きてます。
ご心配おかけしました。
生きてるのでご安心ください(笑

…と言ってもそんなに間が開いてないことにふと気付く私。
ほらだって、ほぼ毎日更新してたからさぁ。

最近、最愛の人とお別れをしました。
何も書かずにこのブログを消そうとも思いました。
でも、それじゃあ今までの思い出も消えてしまうから、だから、またここにくだらない駄文でも載せていこうと思います。

とりあえず、食欲のなかった二日間ですが、今日の夕食はちゃんと食べれた。ほっ。
ここしばらく無気力状態で、それでもちゃんと学校に行っちゃう自分に呆れてたり、ね。
ゲームはしてみたけど思い出が蘇ってきちゃって辛いしさ。
そしたらすることって言ったら寝ることしかないんだけども、数時間置きに目覚めちゃったりもー参っちゃうね。
それでも1週間も経ってないのかぁ。
立ち直り早いな自分(立ち直ってないけど;
っていうのも踏ん切りが着いたからここらで復活しないとなって思った次第でございます。
私は諦めが悪いのでね、自分で別れたくせに付きまとってたんですよ。
でもそれももう止める。
ほんと、相手にとっちゃ迷惑って感じですよね。ごめんね><

友人の皆様にも、この1年ほんとにいろいろと迷惑おかけしました。
こんなに友達をないがしろにしてた私だけど、これからまた仲良くしてくれると嬉しいです。
今度遊ぶときは、私も是非誘ってください♪
なんか頭の中でいろいろ書くこと考えてたんだけど、まとまらないや。ちくしょー。
今まで私は1人に執着し過ぎてて、周りが見えてなかった。
それでもみんなは優しくて、叱ってくれて、慰めてくれて、ほんとに良い友人を持ったと思ってるよ。
ありがとう。

幸せにはいくつも種類があって、そのいくつもの幸せを、私はいっぺんに欲してた。
今その中の一つの幸せは遠ざかってしまったけど、他の幸せがあるんだって気付いた。
あんなにないがしろにしてたのに、まだ傍にいてくれてありがとう(傍にいてくれてるって勝手に思ってるから/笑
それでも無くした一つの幸せは、私の中で大きすぎて、自分よりも愛しい存在で、その喪失感に耐えられないけど、いつまでもこれじゃあ駄目なんだって思ったから。
だから、だからここに復活宣言してみたのでした。

あーまとまらん!とりあえず、みんな大好きだ!!
フェミニストnonに戻りますよ!!!(笑
1年前の、みんなで遊んでた頃に戻るから。
だからまた、一緒に遊んでください☆

以下私信。
最愛のあなたへ。
もしまだここを見てくれてたら、追記も見てくれると嬉しい。 あなたと出逢って2年くらい経つのかな。親しくなって1年。
あなたと出逢ったときのこと、今でも忘れないよ。
この1年、辛いことも楽しいこともすごくいろいろなことがあったね。
随分と、今までの自分になかった感情を知ることができて、私ってこんな人間だったんだなぁって思い知らされたよ。
あなたのおかげ。
あなたの存在が愛し過ぎて、周りも見えないくらい大好きで、その分辛いこともいっぱいあったけど、いつまでも私の中であなたの存在が消えることはないから。
もっといろんなことしたかった。やりたかったことがありすぎて、後悔してる。

最低なことをした。
取り返しのつかないことをしてしまった。
どうして人間は、大事なものをすべて失ったあとにその大事なものに気付くんだろう。
どうして大事なものが近くにあるときに、その存在に気付けないんだろう。
素直になれない自分に嫌気が差した。
いっそ死ねたら…そう思っても死ぬ勇気なんかない。
狂ってしまえたらどんなに楽か…そう思っても狂うことすらできない。
いっそ世界が滅亡してしまえば…そんなこと思ったって、その通りにはならない。
あのとき素直になれていれば、こんな後悔なんかしなかったのに。
時間が戻ってくれれば…。今でもそう思ってるよ。

傷付けた。一番傷付けたくなかったあなたを、大切だったあなたを傷付けてしまった。
近すぎて、何も分からなくなってた。
あなたは私にとって、友人であり、大切な人であり、家族みたいな存在だった。
自分の身体の一部だった。
何日も一緒にいて、あんなに楽しいと、愛しいと感じるのはあなただけだった。
あなたの前でだけは本当の自分でいられた。
もうあんなに楽しい時間を一緒に過ごせないんだと思うと、辛い。
でも、今の状態で今までの関係を続けていても、お互い辛いと思った。
だけど、もし、お互いが変わることが出来て、そのときまだ私を必要としてくれるなら、また戻ってきてほしい。
無理なのは分かってるけど、ずっと、ずっと待ってる。
いつか私を必要としてくれる日が来ることを願ってる…。
私はずっと、あなたを必要としてるからね。

これからも、もっとずっと一緒にいたい。
なら、どうしてあんな電話したんだろうね。
自分でも分からないよ。
ずっと一緒にいたかったから、あのときはああ言うしかなかった。

自惚れるなと言われてもいい。罵られてもいい。
私の元へ帰って来てくれるって、信じてるから。
逃げないで…。
また私の傍で、大声で泣き喚いてほしい。
感情をなくさないでほしい。
私のせいで無くしてしまったんだったら、また私に取り戻させてほしい。
今までの関係が無理でも、またいつか、何らかの形で再会できるといいな。

諦め悪くてごめん。
昨日も今日も迷惑かけてごめんね。
この文章を読んでくれることを祈ってます。
そして、この文章を読んで、どうか愛想を尽かさないね…。
昨日書いたのと今日書いたのと混ざってて意味不明で申し訳ない。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。