Begierde Welt

BL・同人ネタ注意※ブログ内の写真・文章の無断転載などご遠慮ください。※

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日から岩手

2006-08-12-Sat-22:41
今年は家で留守番のはずだったのに…急遽おばあちゃん家に行くことになってしまった;
い、行きたくない><(爆
お家に引きこもってゲームする予定だったのにっ!
19日までに遙かのゲーム終わらせておこうと思ったのにっっ!!
暇つぶしに乱鴉持ってって読んでやるー><ヒムアリ妄想しまくってやるー!!!
…私って最低デスね。

ってことで明日は5時起きだそうだ。
夏コミよりも早く起きんのかいい自分!
ってか出陣する人に遭遇する可能性大ですね(笑
イベント以外にキャスターで出かけるの初めてだー(ぇ

載せろと言われたメッセログを上げて行く☆
5,6時間やってましたぜ。終わったの明け方の5時過ぎ。
私意識半分飛ばしてました;
最初は普通にメッセしてたのに、いつのまにやらなりチャになってた!
しかも何故か私がナオジでsyouさんがルーイ。
しまいにゃあsyouさん4キャラ(シュトラール候補生の皆様/笑)扱い始めてびびったさ。色変えながら(笑
しかもそれやりながら写真編集してたとか言うんだからすごい。

ってことで以下、syouルーイたまとの深夜のメッセ大会のログ。
恐ろしく長いので一部抜粋。 注)灰色=ナオジ&私 紫=ルーイ&syouさん 水色=オルフェ&syouさん
ちと訂正しつつなるべくそのまま載せてます。カッコの中身は突っ込みだったりいろいろと(笑

オルフェレウス、貴様何をしに来た?私とナオジは取り込み中なのだ、去れ。
それは出来んな。ナオジは私と共に行くのだ、そうであろう、ナオジ?(ずいっ
共に行くのなら私とだ。そうであろう、ナオジ?(ずいずいっ
ナオジ、何故言葉に詰まるのだ?さぁ、手を…(満面の笑み)
自分は…
ナオジ、生涯を共に歩むのはルードヴィッヒ・ヘアツウォーク・フォーン・モーン・ナーエ・リヒテンシュタインこそ相応しい。そうだと言え。(もはや命令口調
自分は…選べないっ(乙女走りで走り去り。キャラ崩壊すみません。ナオジは私には無理です。
ナオジ、どこへ行くのだ!!待ってくれ!!!(ダッシュ!!
(ナオジ、走り方も何と可愛らしい…!!!!萌!!!!!) うわ…やな予感…
ナオジ、男たるものが逃げてどうする!?待たぬか!!!(こちらもダッシュ!!
ひっ…おいかけてくる…ここはっ…
(それよりも…なんと可愛らしい走りを見せるのだっ…!!萌っ…!!!!!!) うわ…こっちもかよ!
振り向きざまに剣を構えたナオジ
!?!ナオジ、何故剣などを構える!?!(急ブレーキ)
ナオジ、それでオルフェレウスを倒すのだ!(こちらも急ブレーキ
どちらかを選ぶくらいなら、自分は…
(剣を振り上げ自分の腹目掛けて…
なっ…!!それは待てナオジ~!!
わ、我等が悪かった…!!頼むナオジやめてくれェ~~~~!!!!!(なんとも情けない声
(情けないルーイ萌え///
自分は・・・うわあああああ
(ご乱心。剣を振り回すナオジ。
…!!なっ!わっ!!!ちょっ…ナオジっ…!!!!うぉおぉっ!!
ナ、ナオジィっ…!!ぅおっ!!!ま、待てと言うにっ…!!!!! (かろうじてナオジの剣を交わす二人。)
2人とも殺して自分もっ…
は、早まるなナオジィっ!!!私はまだ死にたくないィィィィィいいい!!!!!!!(こんなオルフェ嫌)
ナオジよ!!そのような古風な死に様はクーヘンで流行らぬぞっ…!!!落ち着く…っ !!??あぁ!!!!私のマントに傷が…!!!(半べそ

この後罵倒を繰り広げ続けるルーイとオルフェ。そしてエド登場。
で、違う場面でカミユまで出てきて最後告白シーンに。
もう受けはやりたくないっ!

ルーイ、あなたを、あなたを愛しています
…もう一度…。
ルーイ…っ///
聞こえなかったのか?もう一度、言ってみろ。
…愛しています、ルーイ
もう一度。
もういいでしょうルーイっ!
まだだ。まだ足りぬ。
さぁ、私を呼べ。その美しい声で、私の名を。
ルーイ…///
愛しています。あなただけを。ルーイ…
その綺麗な唇で、私への愛の言葉を紡ぎ、恥じる事なく発するのだ。
ルーイ…自分は、自分は…生涯をかけてあなたをお守りすると、そう誓います。あなたを
あなただけを、愛しています…

そうだ、それでいい。私への永久の愛を誓い、私の名を呼べ。そして…
私を、振り向かせてみよ。

ルーイ…

いつの間にやらルーイたまが泣き出してしまいました。
なので攻めっ子nonさんは受けナオジで行動に出ました(笑

だから…泣かないでください(そっと頬を撫で、涙の跡を拭くナオジ
ナオジ…?
本当か?本当に…
本当に、私の傍にいてくれるのか?

ルーイ信じてください…(下からそっと自分の顔を近づけ、ルーイの唇に自分のそれをそっと重ねるナオジ
…(ナオジ…)
(重ねられた唇、ルーイもそれに答えるように何度も口付ける。)
…っルーイ…愛しています…(口付けはだんだんと深くなり、互いの溝を埋めるかのように激しく求め合い続ける2人…
…あぁ…私もだ……愛している…ナオジ…(様々な花の匂いの間をぬって響く水音。暫く互いを堪能した後、どちらともなく唇が離れる。)
(互いに顔を見合わせ、どこか照れたような笑みを浮かべ、どちらからともなく深く抱きしめ合い、感じ合う。

この後エドとカミユの漫才(違)でしゅうりょー。オルフェはどこかへ消え去ってしまいましたとさ(笑
あんな漫才からこんなシリアスになるとはなぁ。
流すぎで見づらくてすいませんでした~;
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。