Begierde Welt

BL・同人ネタ注意※ブログ内の写真・文章の無断転載などご遠慮ください。※

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吟遊黙示録マイネリーベwider 第2話 革命

2006-01-30-Mon-01:34
あっという間に1週間。第2話の放送でした☆
大川ヴェルナー大活躍で顔の緩みが止まりません(笑

以下感想。
アイザック上陸(ちょっと違う/笑

ヴェルナー先生の独壇場。
どうしてこの人こんなに色っぽいんだろう・・・(それはあのお方の声だから

シュトラール5人組会議(ぇ
回想ばっかでつま・・・げふげふっ・・・前作見てない人に優しい番組ですねv
あ、でもオルフェの包帯黒シャツ見れたから満足です(笑
ルーイの声いっぱいきけて満足v冷静沈着。惚れ惚れ///

校長の下へ向かうオルフェとエド。
校長にいっぱい喋らせてくれてありがとう(笑
校長失踪したとか言ってるけど・・・嘘だろ!あんた関わってるんだろ?分かってるんだぜ。
もっと悪どくなりやがれ☆


どうやらシュトラール候補生は新たに選び出されるらしい。
周りの生徒は混乱。怪しげ3人組が挑発。
争いを冷静に止めるルーイ。
そんなルーイに、「ですが、ルードヴィッヒ様」って、うわっなんだ。
なんか、この台詞好きだ。
きっとこの後「ルードヴィッヒ様が悪く言われてるのに黙ってることなんて出来ませんっ」なんて続くんだろ?そうなんだろ?
激しくルーイの取り巻きになりたい!!
津田エルムントはちょっと気になるあいつな感じ(何
乾先輩にしか聞こえねー!(笑
し か も 体調が悪そうなカミユに優しい。
危ない!カミユ食われる!!とか思っちゃった。あは。

そして今回最大の見せ場☆(個人的
ルーイとナオジの愛の劇場(マジ/笑
カミユが体調不良のなか、ナオジとルーイは仲良くお茶。

「ナオジが悩むことはない。これまで通り、己を磨き、私と共に歩いて行くんだ」

「はい」

あぁ素直に従っちゃうんだね、ナオジ(笑

「それでも、お前は必ず私の横にいる」

「ルーイ・・・」

「例え迷い、傷つこうとも、ナオジは前へ進む。そう言う男だと、私は知っている」

あぁ、もう何なんですか、相変わらずのこの出来上がった雰囲気はっ///

そんなとき、カミユのお部屋にはオルフェとエドがお見舞いに。
あっちの2人は宜しくやってんでしょ、きっと。もっとやれ(爆
でもルーイ、カミユをもっと心配してやってくれ。。。

窓の外を憂い顔で眺めるヴェルナー校長は、某大佐にしか見えませんでした(苦笑
被りすぎてるよ///

おっと、アイザックの下へベル―ゼ先生登場!
うひゃおう。また出てくるんですね~。どうなるんだろう。ドキドキ。

来週はルーイの剣裁きが見れる~。楽しみ♪

そういえば、公式で人気投票始まってましたね!
ルーイが2位でびびった。人気なのか、ルーイv
ってか1位カミユでさらにびびった。オルフェの立場は・・・(苦笑
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK

吟遊黙示録マイネリーベ -wieder- 第2話

吟遊黙示録マイネリーベ -wieder- 第2話「革命」▽あらすじ HPより突然の新校長の交代に混乱をみせる学園内。休暇中に前校長に会い、言葉を交わしたオルフェとエドはこの事
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。